楽曲紹介「Stand Up(スタンドアップ)!!」(ビートルマン時代の曲)

作詞・作曲・唄 ゆたか

この曲は、昔私がコンビニエンスストアでアルバイトをしていた時に考えた歌です。

そのコンビニでは人間関係がかなりギクシャクしていた事から、それに悩んでいる自分がいて

葛藤していました。

そしてバイト先の先輩や後輩がピリピリするのを自身が、反発するのではなくみんなの気持ちを上手く受け止めてあげよう。。…と思ったときに思いついた歌です。

以下、「Stand Up(スタンドアップ)!!」唄詞。

1.君が自由になれる手伝いを 僕はやれているのかな

何も隠さなくていいんだよ 僕に話しておくれよ

今までに積み上げた苦労も 実を結び花となるでしょう

今日ここにある喜び 思いっきり表現しよう イェーーイ!

君が溜めた涙は 川の流れにのって

僕の知らない海へ 流れて消えるのさ

君がくれた優しさ痛み みんな分かっているから

どうにでもなるさ前を 向いて歩くのさ!!

僕は僕の心に響くメロディーを みんなとともに探す旅にでるのさ Stand Up!!

2. 僕が今日も素直になれるように 手伝ってくれないかな?

そうやって互いを尊重するように 意識を高め合っていこう

まわりの空気が読めずとも 君が立っていればそれでいい

小さな理解を重ねて 人は皆育っていくから Stand Up!!

僕らのウィニングロードは 天秤には乗らなくて

計れるはずもないから 明日へ飛んでいこう

はかなく散る花も 明日への種をまくんだ

だから怖がらないで みんな味方するよ

だから僕は明るく明日を生きれる 落ち込む事は忘れた顔を上げるぜStand Up!!     (終。)

この歌で自分で好きな所は、2番の「まわりの空気が読めずとも 君が立っていればそれでいい 小さな理解を重ねて 人は皆育っていくから」っていう所です。

まわりの空気が仮に読めなかった人も、それを感じた周りの人も含めて互いに理解を重ね合って共に成長していこう!という想いが込められています。

同じく2番のサビの部分の、「僕らのウィニングロードは 天秤には乗らなくて 計れるはずもないから 明日へ飛んでいこう」という部分。ゴールは人によって決められる訳でもなく、基準も人それぞれで決まってはいない…。だからそれぞれのゴールに向かって飛んでいけばいい、という想いを込めました。

そして、「はかなく散る花も 明日への種をまくんだ だから怖がらないで みんな味方するよ」という部分。

ここは人を花に例えています。境遇はどうあれ病気で不幸に見舞われる人、目標を達成できなかった人など極論的になりますが→たとえこのようなことが起こっても、形はどうあれ明日への扉は開かれる。みんな味方するから安心して!との想いが込められています。

何はともあれ、前向きな歌に仕上がったので自分としてはこのような歌をもっと×2世に送り出したい。できるだけ沢山の世界の皆様に知ってもらいたい。というおもいで今後もやっていきます(^^♪

フォローする